ニュース

テックビューロのmijinとは

以前、テックビューロが開発したブロックチェーン技術mijinがMicrosoft Azureにパートナーとして選ばれた記事を掲載したが、そもそもこの「mijinとは?」と意見をいただいたので、今回はmijinについて簡単に説明していく。

そもそもテックビューロは暗号通貨技術・ブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発している企業であり、日本とシリコンバレーのテクノロジービジネス経験者が在籍している日本が世界に誇る企業だ。そんなテックビューロが開発しているmijinとは

・プライベートチェーンの構築 ・ゼロダウンタイムの実現 ・第3者による改ざんが不可能 ・データの消失防止 ・複数のアセット管理

と、多くの利点が存在する。簡単にまとめてしまうと、mijinを使うだけでクラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベートチェーン環境を構築できてしまうという技術だ。まず、プライベートチェーン、公開されていないブロックチェーンであるため会社内や、提携している企業間でのみの公開となり外部からのアクセスが赦されていないためセキュリティが高くなっている。さらにブロックチェーン技術であることに変わりはないので改ざんも不可能、そしてデータを分散し共有管理しているので、今までのようなデータの消滅も防げるのだ。こうした今までのデータ管理やシステムの問題点をmijin1つで改善できてしまう。そんな素晴らしい技術なのだ。

Mijinが採用された記事→https://coinsforest.com/p/9386/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 北朝鮮のサイバー攻撃が猛威を振るっている?

  2. エジプト政治状況と暗号通貨規制状況

  3. インターネットセキュリティのマカフィー氏、ビットコイン採掘施設の建設に…

  4. シティグループのアナリストがビットコインに悲観

  5. 中国のマイニング禁止について

  6. 保身の対応は早いZaif

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化