ニュース

テックビューロのmijinとは

以前、テックビューロが開発したブロックチェーン技術mijinがMicrosoft Azureにパートナーとして選ばれた記事を掲載したが、そもそもこの「mijinとは?」と意見をいただいたので、今回はmijinについて簡単に説明していく。

そもそもテックビューロは暗号通貨技術・ブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発している企業であり、日本とシリコンバレーのテクノロジービジネス経験者が在籍している日本が世界に誇る企業だ。そんなテックビューロが開発しているmijinとは

・プライベートチェーンの構築 ・ゼロダウンタイムの実現 ・第3者による改ざんが不可能 ・データの消失防止 ・複数のアセット管理

と、多くの利点が存在する。簡単にまとめてしまうと、mijinを使うだけでクラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベートチェーン環境を構築できてしまうという技術だ。まず、プライベートチェーン、公開されていないブロックチェーンであるため会社内や、提携している企業間でのみの公開となり外部からのアクセスが赦されていないためセキュリティが高くなっている。さらにブロックチェーン技術であることに変わりはないので改ざんも不可能、そしてデータを分散し共有管理しているので、今までのようなデータの消滅も防げるのだ。こうした今までのデータ管理やシステムの問題点をmijin1つで改善できてしまう。そんな素晴らしい技術なのだ。

Mijinが採用された記事→https://coinsforest.com/p/9386/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

  2. 暗号通貨取引所の口座開設するにあたって

  3. 【重要】Rippleウォレットの新規登録について

  4. 日本の暗号通貨に対する税制

  5. 【中国が香港を規制か】バイナンスの代表は日本に潜伏?

  6. フィンランド警察が追うOneCoinプロジェクト

PAGE TOP

ニュース

東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

ニュース

Zaif、MONA・BCHの流失額公表[各機関・団体の対応]

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

ニュース

Binance、世界を制する取引所へ

ニュース

LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなくなる]