ニュース

オーストラリア、ICO規制改正

オーストラリア所兼投資委員会(ASIC)のジョン・プライス委員長が「昨年発表していた暗号通貨取引やICOに関する現在の規制ガイドラインをアップデートする予定」と発表した。このアップデートに関して同委員長は「法規制を適切に整備していくことにより、暗号通貨やICOの信頼性を確立し、暗号通貨業界全体の利益となる。」と述べた。

今回の改正では「オーストラリア国外で発行されるICOの場合でも、オーストラリアの会社法と消費者法が適応される」ことが大きな改正としてあげられる。

ICOは暗号通貨業界においても活発になっており、詐欺なども横行していることも踏まえICOにおける顧客確認義務や資金洗浄への対策など、適切な規制を設けられることが求められている。オーストラリアではこうした状況から、過度に期待させるような誤解を招く広告や詐欺的な行為を行わないようにICOを行う企業に対して基本的な責任・義務を求めている。

世界では暗号通貨に対する規制整備の動きが強まっている。規制の方向が不明確で何が正しく、今後どう業界が動いていくのかわからない無規制なものより、適切な規制で犯罪を防止でき健全化されるほうが望ましい。規制と聞いて身構える方もいるかもしれないが、適切な規制は、その業界をより発展させるのだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 債券発行をブロックチェーンで

  2. グーグルサーチ、ビットコインサーチは昨年10月来で最低

  3. GMO、ASIC搭載マイニング機器を販売

  4. 昨日(8/6)のニュースまとめ

  5. Berkeley、ブロックチェーン技術研究機関を設立

  6. 韓国はビットコインを通貨と認めず

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事