ニュース

ドバイ、BTC取引詐欺で2億円強奪犯を逮捕

ドバイのアル・ミュラカバット地区でBTCの取引を装い700万UAEディルハム(約2億円)奪ったとして、10人を逮捕した。

被害者は2人兄弟で取引の為に事務所で会う約束をし、事務所へ行くと襲撃され銃を突き付けられ、BTC取引の為に用意していた資金が奪われた。この犯人は脅迫を行った後、被害者を事務所内で拘束し逃走した。しかしこの事務所も所有者を騙して奪ったもので、この強盗犯は連日通報・情報提供があったためこの事件後主犯を4時間以内に特定し、48時間以内に隣接する4つの首長国で共犯者の居場所を特定、10人全員を逮捕し盗難金を回収した。

この早い事件解決はドバイ警察のデータ分析センターでスマートプログラムとAIを活用した技術によるものだという。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 銀行も暗号通貨企業に口座提供[スイス]

  2. みずほ「Jコイン」実証実験開始

  3. 注目集まるDOGE

  4. 日本国内の暗号通貨課税状況

  5. コロンビア、暗号通貨・ブロックチェーンの成長促進狙う

  6. メキシコはフィンテック関連会社も規制か?

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事