ニュース

フィリピンで暗号通貨関連事業の認可

フィリピン政府はブロックチェーン技術や暗号通貨に関連する企業10社に対してカガヤン州の経済特区での事業を認可する方針を明らかにした。

カガヤン経済特区(CEZA)はフィンテックの中心となる目的で設立され、アジアのシリコンバレーとなることを目指している。CEZAで事業を行うには現地人を雇用することや、2年間で100万ドル投資すること、さらに認可料として10万ドル支払うことが必要となっている。このCEZA代表のラウル・ランビノ氏は暗号通貨取引所・マイニング・ICOなどの事業を許可していく方針で、さらには日本や香港・韓国・マレーシアの取引所10か所を認可し、CEZAで交換業やマイニングを行えるようにする方針も明らかにした。

日本の取引所QUOINEさらにみなし業者のみんなのビットコインの親会社トレイダーズホールディンクスは今年2月の時点で基本合意を締結したと発表している。フィンテックの中心となることを目指しているのなら、やはり暗号通貨やその技術は外せないだろう。CEZAでは将来的にブロックチェーン技術やフィンテックの大学開設も検討されている。また、この暗号通貨業界の認可、導入は税収を増やし国民の雇用を創出することでフィリピン経済・労働市場を活発化させる目的もあるようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. イーサリアム上でのアプリ作成が簡単に

  2. インド、暗号通貨禁止か

  3. インドの規制に1.7万人が撤回運動

  4. 国内取引所 BIT Point

  5. ついに保険業界も参入、大口投資家参入促せるか

  6. インドの中央銀行が警笛を鳴らす

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事