ニュース

国内初の暗号通貨窓口実店舗、オープン

5月7日に「株式会社ビットコインの窓口」が東京恵比寿にプレオープンしるとこが発表された。

日本国内での暗号通貨関連の実店舗は同社が初となり、非常に注目されている。同社では投資が初めての方にもわかりやすく暗号通貨や取引所、口座開設などにおける情報について説明やサポートを行う実店舗として機能していく。今回はプレオープンで予約制となっており、サイトからあらかじめ質問内容などを記入し予約する形となっているので、待ち時間は少なく実際に相談する際にも円滑な対応を受けられるのではないだろうか。

また同社ではビットフライヤー、Zaif、bitbank、GMOコイン、DMMビットコインの取引所を主として取り扱っているため、通貨についてもこれらの取引所が扱う通貨が同社の取り扱い通貨になるようだ。これまではネット上での情報収集が主となっており、それに不安を覚える人やネットに不慣れな人にとって、暗号通貨は敷居が高いものとなっていたが、このサービスの開始により、後押しされ暗号通貨に手を出す人は増加するのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットフライヤーが一部メディア報道に反論

  2. 石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

  3. 消費増税時のキャッシュレス決済還元政策実施に向けた準備

  4. 【顧客を”金”としか思っていない】ビットフライヤー、クレカ購入停止へ

  5. アフガニスタン、医療分野にブロックチェーン技術

  6. 世界最大級の児童ポルノサイト摘発[BTC取引追跡]

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]