ニュース

テレグラムCEOを装いTwitterで詐欺

テレグラムや同社が発行するTONのICOの創設者兼CEOのパーヴェル・ドゥーロフ氏を装って詐欺師が暗号通貨を「サポートへの感謝を込めて無料で提供する」と主張した。この無料配布の告知には、詐欺師たちのウォレットアドレスが含まれるWebサイトへのアドレスとともに5000ETHと1000BTCが配布されると記載されていたようだ。この詐欺行為、たったの27分で1BTCを騙し取ることに成功している。また詐欺師たちは以前にも同氏の名を騙り、利用者が所有するETHで最大6万ドル盗み出すことに成功している。

この件に関してドゥーロフ氏は「いかなる暗号通貨の無料配布も行っていない」とし詐欺に関わらないよう注意喚起を行った。

今回の詐欺はTwitterの公式認証済みアカウントを乗っ取り、そのマークを維持したまま同氏と同じアイコン、名前にすることで犠牲者をより騙されやすくしていた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. RippleLabsのアジア太平洋地域での取り組み

  2. FSHO 金融庁から登録拒否される

  3. 昨日(9/27)のニュースまとめ

  4. ライトニングネットワーク上でポケモン

  5. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  6. ICOのガイドライン発表[リトアニア]

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ