ニュース

テレグラムCEOを装いTwitterで詐欺

テレグラムや同社が発行するTONのICOの創設者兼CEOのパーヴェル・ドゥーロフ氏を装って詐欺師が暗号通貨を「サポートへの感謝を込めて無料で提供する」と主張した。この無料配布の告知には、詐欺師たちのウォレットアドレスが含まれるWebサイトへのアドレスとともに5000ETHと1000BTCが配布されると記載されていたようだ。この詐欺行為、たったの27分で1BTCを騙し取ることに成功している。また詐欺師たちは以前にも同氏の名を騙り、利用者が所有するETHで最大6万ドル盗み出すことに成功している。

この件に関してドゥーロフ氏は「いかなる暗号通貨の無料配布も行っていない」とし詐欺に関わらないよう注意喚起を行った。

今回の詐欺はTwitterの公式認証済みアカウントを乗っ取り、そのマークを維持したまま同氏と同じアイコン、名前にすることで犠牲者をより騙されやすくしていた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. タイ王国でICOの規則を進める

  2. ツィッター、仮想通貨関連の広告禁止を準備=英スカイ

  3. ブロックチェーンで売名し株価上昇を狙う

  4. NEMの追跡劇、NHKスペシャルで放送

  5. Ernst & Youngが約1300万ドル分のビットコインを…

  6. 中国が暗号通貨に対し更なる規制をかけていくのか

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲