ニュース

ロシアの規制状況

ロシアでは暗号通貨規制について意見が割れているが、ブロックチェーン技術に対しての取り組みは積極的に行われている。

同国はデジタル資産規制法案が提出されており、これは世界で懸念される資金洗浄やテロ資金援助、脱税などへの対策として顧客確認やテロ資金供与対策法への遵守が求められている。また、暗号通貨を金融資産とし、定義することで規制への準備が行われている。

ロシア中央銀行としてはICO、クラウドファンディングを一斉に禁止にしたがっているようだが、現在政府にそのような動きは見られない。2月に提出された暗号通貨規制変更案では「個人所得と同様、暗号通貨取引による利益も不課税にする」「ICO投資の上限を50万ルーブルに引き上げ」「ICOの参加制限の放棄」などといった規制緩和の動きがみられている。

ロシアのプーチン大統領は当初、中央銀行に規制・支配・管理されていない暗号通貨市場を懐疑的な考えだったが、市場と需要の急成長を受けて暗号通貨に対する姿勢を軟化させた。また、アメリカからの経済制裁リスクを回避するためにロシアでは独自の暗号通貨を発行する計画がある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業展開のCoolB…

  2. Jpモルガン銀行がブロックチェーンの子会社を独立検討

  3. アメリカがビットコインに対する州法を統一していくのか

  4. ビットコインの高騰の裏に不正取引か?

  5. マネックス、アメリカでの暗号通貨事業参入準備

  6. 暗号通貨が証券取引所で取引可能に[インドネシア]

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ