ニュース

イギリス規制状況

イギリスは特に過度な規制は行われていないが、財務省がアメリカ証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)と同じ規制処置をとる考えを示し、そのために暗号通貨の専門部会を設置した。

同委員会ではイギリスをフィンテック領域で最先端の技術のリーダーにするべく適切な規制、利益を最大化するような規制を行う考えのようである。またイギリスはEUからの離脱があるので、イングランド銀行と金融行為監督機構(FCA)で構成される同委員会はEUの影響を受けずに独自の規制を行えるため、イギリスの暗号通貨市場活性化のために貢献するのではないだろうか。

また、英国では暗号通貨の犯罪利用の可能性からテレサ・メイ首相、イングランド銀行のマイク・カーニ総裁は暗号通貨を批判しているが、暗号通貨そのものを禁止するのは最善の策ではなく、金融市場・機関を保護するには適切な規制・基準を設けることが効果的だと主張している。そのため今後イギリスは規制作りに積極的になっていくとみられる。

また同国金融機関では暗号通貨そのものではなくブロックチェーン技術に注目しているため、その技術開発を促す取り組みがなされるかのうせいもあるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(10/13)のニュースまとめ

  2. xCurrent(エックスカレント)とは?

  3. TAOTAOとBinance,戦略的提携に関する交渉開始[日本市場へ]…

  4. 博報堂、コンテンツ配布実験[ブロックチェーン]

  5. スイス大手証券取引所SIX,R3のCorda採用へ

  6. ビットコイン価格、金融後進国で高値傾向

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]