ニュース

邦銀仮想通貨連合から地銀11行離脱

SBIが主導となって3メガバンクや地元銀行などの61行が加盟していた内外為替一元化コンソーシアムから千葉銀行、オリックス銀行、岐阜県の十六銀行、筑波銀行、武蔵野銀行などの計11行が離脱していることが明らかとなった。

同コンソーシアムは、Ripple社の送金システムxCurrentを活用し安価で高速、安全な送金プラットフォームの開発を目指しており、今年の3月7日には個人間での送金用スマホアプリを開発し、今夏以降の実用化に向け住信SBIネット銀行やスルガ銀行、りそな銀行の3行が4月以降に試運用を開始するなどの動きを見せていた。ブロックチェーン技術は世界で認められており、特にXRPの送金システムは各国の銀行でも取り入れられているほどのものだ。この開発で個人間の送金はより活発化し、消費者にとっても期待できるものだったはずだ。

しかし、11行は離脱を決意した。理由は「会費だけ取られて実りがない」「価格変動の大きい暗号通貨を送金に使われたくない」ためだという。会費についてだが今までは月額30万円、しかし4月に入り会費は60万円に倍増したようだ。低金利で業界全体が業績悪化に陥っている状況ではたしかに苦しいものでもある。しかし価格変動を懸念している銀行がいるのはどうなのだろう。確かにこの送金システムはRipple社のxCurrentが利用されている。しかしこのシステムは、暗号通貨のXRPは利用されない送金システムとなっている。どういった説明が組織の中でなされているのかは不明だが、プロジェクトを皆で理解できないままに放置されている状態なのだろうか。

SBIのコンソーシアムについて→https://coinsforest.com/p/1857/ コンソーシアムのアプリ開発→https://coinsforest.com/p/8387/

関連記事

  1. 昨日(10/6)のニュースまとめ

  2. 欧州のエネルギー供給会社がブロックチェーンを試行

  3. ロシア、ベネズエラの仮想通貨「ペドロ」発行を支援か

  4. ついに保険業界も参入、大口投資家参入促せるか

  5. 制裁受け、暗号通貨への関心高まる[イラン]

  6. 品川にコワーキングスペース、オープン

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ