基礎知識

知ってる?ウォレットの種類

暗号通貨を安全に管理するウォレットだが、それにもいくつか種類があるのをご存じだろうか。今回はそのウォレットに関して説明していく。

◇ホットウォレット ホットウォレットとは常にオンライン上に通貨が保管されているウォレットで、インターネットに接続されているため手軽に資金の出し入れが可能になっているが、オンライン上にあるために不正アクセスやハッキングの可能性がある。

◇ペーパーウォレット ペーパーウォレットは実際に紙に印刷して完全なオフラインで保管する方法で、ハッキングや不正アクセスなどのリスクはなくなる。しかし紙での保管なのでペーパーウォレット自体を紛失、破損したときに復元が不可能というデメリットがある。

◇ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットはオフラインで専用の端末により暗号通貨を保管する。ペーパーウォレットと同じようにハッキングなどのリスクもなく、また専用端末なのでPCやスマホに接続することで手軽に資産を使用することが可能になっているため、現時点ではこのハードウェアウォレットでの資産管理が最も安全だと考えられる。

◇取引所のウォレット 取引所に預けている資産も取引の為にオンライン上で管理されているため、機能としてはホットウォレットと同じになる。そのため2段階認証を推奨している。暗号通貨を取引所で管理している方は必ず2段階認証を実行することを勧める。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. BCHのハードフォーク、分裂の可能性

  2. 変わる日本の暗号通貨を取り巻く環境

  3. ブロックチェーンの種類・公開範囲

  4. リップル社の提供するサービス、xCurrent・xRapid・xVia…

  5. マイニングとは[初心者向け]

  6. 販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ