ニュース

ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーン技術の導入・活用などと様々な情報が流れているが、そもそもブロックチェーン技術とはどんなものなのか、と思っている方もきっといるだろう。そういった方にもわかりやすく簡単に説明していく。

ブロックは一定期間内の取引の塊、つまり台帳の1ページのことをさし、それらが鎖のように繋げて記録されていくのでブロックチェーン技術と呼ばれる。このブロックチェーン技術は今まであった暗号化技術・P2Pを組み合わせた技術になっている。この技術では、従来の政府や銀行のような中央管理者が管理する中央集権型システムとは異なり、みんなで管理し合う分散型のシステムになっている。そして、みんなで同じ情報を共有して管理しているので、不正・改ざんが行われない。もちろん誤って間違ったデータが書き込まれる場合もあるが、その場合でも全体で監視管理しているので、その「間違ったデータ」が書き込まれたブロックはチェーンから外され正式な記録として保管されない。そのためこのシステムではより正確な情報をより安全に記録することが可能となっているのだ。

また、鎖のように前にあった記録につなげて新たに記録していくため、過去の記録を変えると変えた記録から現在までの記録を変えなければならないことからも、改ざんが不可能だということがわかる。つまり、ブロックチェーン上での不正・改ざんは情報を共有しているすべての人を欺きながら、それまでにあった記録の書き換えを行わなければできないのが、それは現実的には不可能であることから、ブロックチェーン技術は信頼されているのだ。

ブロックチェーン技術と分散型台帳技術の違い→https://coinsforest.com/p/11407/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ユニセフ、PCゲーマーにマイニングによる寄付を要請

  2. 仮想通貨取引業者の明暗

  3. SBIインベストメント株が上昇

  4. 偽の暗号通貨取引所を運営する詐欺[ウクライナ]

  5. カナダのVersaBankがデジタルアセット専用の金庫

  6. 昨日(7/16)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ