ニュース

ドイツの銀行で初の暗号通貨取引

ドイツの銀行VPE Bankは機関投資家向けに暗号通貨取引サービスを開始した。

VPE Bankはドイツの金融規制当局、BaFinの認可を所有しており、この暗号通貨サービスを銀行で提供する初の銀行となった。このサービスの暗号通貨取引口座はその他の有力な銀行からも支援を受けているデジタルバンキング技術会社、solarisBankによって預託され保持される。このサービスは多くの銀行や暗号通貨専門家、技術者の支援提携により開発されたもので、最高のセキュリティ基準、迅速で安全、簡単な取引を行うことが可能となっているようだ。このサービスは提供について同行の広報担当Katharina Strenski氏は「これまでの暗号通貨取引は取引所やオンラインの市場に限られ、機関投資家の参入を難しくしていたが、この取引によりその障壁は取り除かれ、今までにない便利な取引が行えるようになる。」と述べた。暗号通貨の扱いは国により様々だが、このドイツの銀行での取り扱いを受けて、新たな取り扱い・動きが始まるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Ripple社とIBMは競合するのか

  2. NY証券取引所、ビットコインのインデックスを取扱い開始

  3. 米国・テキサス州の証券委員会、DavorCoinに緊急停止命令

  4. イーサリアムの凍結の衝撃

  5. 金融機関の急速な成長[2秒以内での取引処理]

  6. 昨日(6/14)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ