ニュース

宝石が本物の証明をブロックチェーンで

金やダイヤモンドなどの宝石業界のトップらはIBMと提携し、ブロックチェーン技術を利用した宝飾品の原料を追跡するシステムを開発することを発表した。

ダイヤモンドや貴金属といった宝石を買う際に最も気にするのは「本物か」というところだろう。実際世界中の消費者は自身の購入した宝石の品質と原材料に関して非常に慎重で66%もの購入者がより信頼できるブランドでの購入を行っている。こういった品質の証明、透明性を高め消費者を安心させるべくアサヒ・リファイニング、ヘルツバーグ・ダイヤモンドやリッチライングループなどが立ち上がった。このシステムはIBMのブロックチェーンプラットフォームとハイパーレジャープロジェクトを基に原産地から小売店舗までの宝石の追跡と認証を行うことで、消費者が購入する製品が倫理に反さず供給されていることを証明することが可能となる。このシステムを導入した商品は今年末までに実装される予定となっている。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スマホ決済、競争激化[日本]

  2. 昨日(8/12)のニュースまとめ

  3. 暗号通貨に関するまとめを金融広報中央委員会が発表

  4. 分散型台帳技術・暗号通貨関連法案承認[マルタ]

  5. 日本仮想通貨事業者協会の勉強会開催

  6. アメリカの格付機関が「テザー」の危険性を警告

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事