ニュース

宝石が本物の証明をブロックチェーンで

金やダイヤモンドなどの宝石業界のトップらはIBMと提携し、ブロックチェーン技術を利用した宝飾品の原料を追跡するシステムを開発することを発表した。

ダイヤモンドや貴金属といった宝石を買う際に最も気にするのは「本物か」というところだろう。実際世界中の消費者は自身の購入した宝石の品質と原材料に関して非常に慎重で66%もの購入者がより信頼できるブランドでの購入を行っている。こういった品質の証明、透明性を高め消費者を安心させるべくアサヒ・リファイニング、ヘルツバーグ・ダイヤモンドやリッチライングループなどが立ち上がった。このシステムはIBMのブロックチェーンプラットフォームとハイパーレジャープロジェクトを基に原産地から小売店舗までの宝石の追跡と認証を行うことで、消費者が購入する製品が倫理に反さず供給されていることを証明することが可能となる。このシステムを導入した商品は今年末までに実装される予定となっている。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

  2. アメリカ財務長官「仮想通貨がスイスの銀行口座にならないように」

  3. SBI Ripple Asiaの為替一元化コンソーシアムに42邦銀参加…

  4. アメリカ医療保険最大手でブロックチェーン導入の試み

  5. マイクロソフト創設者ビルゲイツ氏、BTCはリスキー

  6. 迷走するビットコイン、しかし価格は100万円の大台へ

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」