ニュース

金融庁、暗号通貨を有価証券とすべきか議論

27日金融庁で行われた「仮想通貨交換業界等に関する研究会」第2回では、利益相反の規制・価格操作の規制・暗号通貨を金融商品取引法の有価証券にあてはめるのか、の3点について議論をすべきという提案があったようだ。

第一回では暗号通貨規制の在り方や現状、関連技術やICOなど状況把握が主体となっていたが、今回は具体的にどういった方針で規制を進めていくかという議論となっている。

今回の議論の中で最も注目を集めるのは「暗号通貨を有価証券として扱うか」という内容だろう。最近ではアメリカの証券取引委員会(SEC)でもこの議論がなされていて、ETHやXRPの名が挙がっている。日本は2014年時点で総理大臣の答弁により「ビットコインは通貨でも権利を象徴するものでもない」と金商法の有価証券には該当しないという判断がなされていたが、今後の議論によってはそう見なされる可能性もあるのかもしれない。また、有価証券とすれば、法整備が進み健全化が進むのではという考えもあるようだ。

第一回の記事はこちら→https://coinsforest.com/p/8791/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコインの高騰の裏に不正取引か?

  2. ツイッター、ICOなどの広告禁止へ、BTCは8000ドル割れ

  3. 【なぜ?】ビットコイン価格が安値から反発した理由

  4. ノキア、ブロックチェーン導入

  5. ビッサム、所有者も18人の通貨を上場の企み

  6. シンガポールの当局関係者の見る先が凄い

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」