ニュース

リップルのxVia3か国が新たに採用

リップル社は26日イギリス、グルジア(ジョージア)、マレーシアの3ヵ国にある5つの送金業者(FairFX・Exchange4Free・RationalFX・UniPAY・MoneyMatch)に対し、xViaソリューションを提供したことを発表した。

今回の発表についてリップル社の製品担当SVPのAsheesh Birla氏は「xViaを利用しリップルネットを通じて支払いを行うことで市場に迅速にかつ効率的にアクセスでき、今の金融ネットワークをサポートすることができる。」と送金規模の拡大や金融における要望に応えられることを示した。また金融業界での大きな課題、費用や安全性、国同士の摩擦の面でも難なく解決し、円滑に取引が行えるようになっていることにも注目したい。金融業界の橋渡し役として次々に提携し普及していくリップルの技術、これに伴いXRPの使用率も上がるのではないだろうか。それにしてもここまで活躍しているXRPの価格はこれからどう変化していくのか期待が高まる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーンの効果が6年以内に市場に波及見込み

  2. テックビューロ運営のZaifがアフィリエイト報酬の減額

  3. 1週間(7/2~7/8)ニュースまとめ

  4. オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万…

  5. 規制検討も技術は擁護

  6. 極楽とんぼ加藤「現金主義」

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ