ニュース

リップルのxVia3か国が新たに採用

リップル社は26日イギリス、グルジア(ジョージア)、マレーシアの3ヵ国にある5つの送金業者(FairFX・Exchange4Free・RationalFX・UniPAY・MoneyMatch)に対し、xViaソリューションを提供したことを発表した。

今回の発表についてリップル社の製品担当SVPのAsheesh Birla氏は「xViaを利用しリップルネットを通じて支払いを行うことで市場に迅速にかつ効率的にアクセスでき、今の金融ネットワークをサポートすることができる。」と送金規模の拡大や金融における要望に応えられることを示した。また金融業界での大きな課題、費用や安全性、国同士の摩擦の面でも難なく解決し、円滑に取引が行えるようになっていることにも注目したい。金融業界の橋渡し役として次々に提携し普及していくリップルの技術、これに伴いXRPの使用率も上がるのではないだろうか。それにしてもここまで活躍しているXRPの価格はこれからどう変化していくのか期待が高まる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコインのハードウェア・ウォレット先行予約開始

  2. 【速報】熊本電力がマイニング参戦!

  3. デラウェア州医療協会、ヘルスケアへのアクセスを改善するブロックチェーン…

  4. 欧州中央銀行、仮想通貨を無視できない

  5. 中国最大手の小売り「ブロックチェーン事業育成インキュベータ」

  6. 【号外‼】ミサイル日本領土上空通過、北朝鮮の脅威と暗号通貨

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」