ニュース

「サムライクリプト」でクリエイター募集

戦国を舞台としたカードバトル型のブロックチェーンゲーム「サムライクリプト」を手掛けるアンドディー株式会社は同ゲームの攻略サイト運営者とイラストクリエイターの募集を開始した。

アンドディー株式会社は「今のニッチを未来のスタンダードに」というコンセプトを掲げ、サービスの開発を2か月というスパンで高速に行い、テストをするような会社で特にブロックチェーン技術に力を入れ取り組んでいる企業だ。今回のこの「サムライクリプト」もブロックチェーン技術を生かした開発の1つとなっている。アンドディー株式会社は同ゲームを盛り上げるクリエイターへ報酬を支払う「コミュニティクリエイタープログラム」の実施を発表し、今回の募集を行った。このプログラムはWebサイト上にコンテンツを公開することでゲーム内通貨を得ることができ、獲得したゲーム内通貨はもちろんキャラクター購入や配合に使用することが可能となっている。

イラストが描ける人やサイト運営に興味のある人は一応事前登録だけでもしておいてはどうだろうか。興味のある方はぜひ。

公式日本語ページhttps://tokennavi.jp/ 公式英語ページhttps://tokennavi.jp/en.html

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 新たに認可取引所誕生[フィリピン]

  2. インドビットコインサービス大手Zebpay が新たに500万ドルを調達…

  3. 多発するフィッシング詐欺

  4. フィリピン経済特区で暗号通貨関連企業25社にライセンス

  5. ドバイ拠点取引所、規制サンドボックスライセンス取得

  6. 大きく変わる投資環境 [セキュリティトークンが主流となる日は近い]

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響