ニュース

暗号通貨導入に積極的なバルト三国

エストニア共和国、ラトビア、リトアニアのバルト3国は他の国々に比べて暗号通貨規制が厳しくないため、通貨の普及が急速に広がっている。

不動産やオンライン決済は他国でも日本でもよく聞かれるが、なんとこの3国ではそれだけでなく珈琲支払いやレストラン、カフェ、バー、ホテル、さらには整形外科の診療所までといたるところで暗号通貨決済の導入が進んでいるのだ。暗号通貨支払いが行える店舗は多く、BTCのATMも用意されているという設備が整った状況になっているようだ。また現段階では日本と同じようにサービス業界での暗号通貨決済の導入が進んでいるが、そういった状況から他の業界も暗号通貨決済の導入を積極的に検討しているという。

またこういった暗号通貨が広く使われている状況から各国の政府は独自で通貨が発行できないか検討しており、なかでもエストニア共和国は政府発行のトークン「エストコイン」の発行計画を進める決議を行っているようだ。また、リトアニアの中央銀行はこの動きに批判的な考えを示していたが、「暗号通貨の機能や役割を理解せずにいることは未来につながらない」と態度をやわらげ、暗号通貨に対する制度を整えるための議論が始まったようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 中国大手Huobiが独自トークン

  2. ウィキリークスの創始者、ブロックチェーンを用いた「命の証明」

  3. NvidianのQ4決算予想上振れ、仮想通貨Cマイニングプロセッサー売…

  4. ホワイトリストの直近騰落状況

  5. Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術…

  6. みなし業者、業務改善命令【みなし業者一覧】

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」