ニュース

簡単な使いやすい技術を目指すLisk

ドイツを拠点とするLisk社はブロックチェーン技術などの新たな分野へ進出していく際に障壁となる扱いづらさを解決すべく、簡略化した開発プロセスに力を入れ取り組んでいる。

Liskのコンセプトは「透明性」であり、一般的な利用者がブロックチェーン技術を難なく利用できるよう障壁を取り払い、Liskのオープンソース化、及び非営利的プロジェクトとしての成功を目標にしているようだ。また、世界トップレベルの第三者サービスプロバイダと組むことも目標の一つとなっている。しかし、Liskのようにブロックチェーン技術を簡略化し誰にでもわかりやすく使えるようになった時、サービスプロバイダと組むこととなれば、ブロックチェーン技術の普及はより促進され、最新で難しい技術から身近な技術へと姿を変えるのではないだろうか。また、そうなった場合Liskのもつ暗号通貨LSKもどういった働きをするのか今後が楽しみである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. coincheck、トレーダー向けサービス提供

  2. NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなく…

  3. 取引所オペレーターと詐欺主犯結託、被害額は9,000万円

  4. SBI 送金用スマホアプリ開発

  5. 銀行も暗号通貨企業に口座提供[スイス]

  6. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響