ニュース

簡単な使いやすい技術を目指すLisk

ドイツを拠点とするLisk社はブロックチェーン技術などの新たな分野へ進出していく際に障壁となる扱いづらさを解決すべく、簡略化した開発プロセスに力を入れ取り組んでいる。

Liskのコンセプトは「透明性」であり、一般的な利用者がブロックチェーン技術を難なく利用できるよう障壁を取り払い、Liskのオープンソース化、及び非営利的プロジェクトとしての成功を目標にしているようだ。また、世界トップレベルの第三者サービスプロバイダと組むことも目標の一つとなっている。しかし、Liskのようにブロックチェーン技術を簡略化し誰にでもわかりやすく使えるようになった時、サービスプロバイダと組むこととなれば、ブロックチェーン技術の普及はより促進され、最新で難しい技術から身近な技術へと姿を変えるのではないだろうか。また、そうなった場合Liskのもつ暗号通貨LSKもどういった働きをするのか今後が楽しみである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 行政の記録保管にブロックチェーン技術使用

  2. グーグルサーチ、ビットコインサーチは昨年10月来で最低

  3. IMF「各国中央銀行は暗号通貨に公平な規制を」

  4. CMEのビットコイン先物に注目が集まる

  5. 暗号通貨に注意喚起「理解してから取引して」

  6. BTC発掘機で連邦違反

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」