ニュース

SBIの取引所開始は早くて夏、待ち遠しい

SBIホールディングスは3月期決算説明会を開催した中で「仮想通貨子会社SBIバーチャル・カーレンシーズの取引所開始時期は早ければ夏」と明らかにした。

代表取締役の北尾吉孝氏によると取り扱う通貨はBTC・BTC・ETH・XRPを想定しており、匿名通貨については一切やらないとした。

傘下で金融情報を提供するモーニングスターの今月リリースした暗号通貨情報アプリ「マイ仮想通貨」では暗号通貨取引所間の通貨の価格差がわかるようになった。そのうえで北尾氏は、通貨を売買する際の価格差、取引手数料を高く設定して儲ける、今の取引所のビジネスモデルを批判した。さらに「顧客も一度開設したからという理由で高い手数料設定の取引所を使い続けるのはよくない」として「SBIでは業界最小の手数料設定にし、業界トップとなる」と意気込みを見せた。

たしかに取引所の手数料は高い。中には送金にしか手数料がかからないと思っていた方もいるかもしれないが。コインチェックの高収益、資産で顧客への対応ができたのはそういった取引所の手数料で儲ける仕組みがあったからだ。もちろんこの儲け方はコインチェックだけが行っているのではない。基本的に販売所では業者の仕入れ値と売値の差額である利ザヤが往復で10%前後にも達するとされている。そんな中でSBIの取引所のように手数料の低い取引が可能となれば顧客は当然SBIに流れていくであろうことが容易にわかる。

SBIバーチャル・カーレンシーズの取引所開設が待ち遠しい

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 制裁受け、暗号通貨への関心高まる[イラン]

  2. 米グーグル、仮想通貨関連の広告を規制へ

  3. クリミア半島で職員が不正マイニング

  4. テレグラムICO好調、価格初回の3倍、2弾目も8.5憶ドル調達か

  5. 新たな暗号通貨団体設立、認定試験も

  6. シンガポールにてブロックチェーン会議が開催予定

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲