ニュース

テックビューロのmijinが世界88ヵ国で利用可能

暗号通貨取引所Zaifを運営しているテックビューロが開発するブロックチェーン製品「mijin v.1」がMicrosoft Azureに日本で初めてパートナー採用された。

ブロックチェーンは種類があり、BTCのように誰でも参加できる公開型パブリックチェーン、そしてこのmijinのようにある特定の企業や限られた団体の1つのみが参加できるパブリックチェーン、そして複数社でかんりする半公開型のコンソーシアムチェーンがある。その中の1つmijinのプライベートチェーンでは、企業内のデータ管理や改ざんを防ぎつつ社外秘密に漏れる心配もないので、ブロックチェーン技術の導入を考えている企業にとってはありがたいものとなっている。

またこのmijinは匿名性・セキュリティ性が高いことでおなじみのネムのコア開発者がテックビューロで開発した製品となっており、ネムの技術が使われているため、将来的にはネムのブロックチェーンにも実装予定のようだ。

さて、このパートナー採用によりmijinは世界88ヵ国での利用が可能となり、ノードのスペックや台数についての設定は自由に、インストールは不要になり、さらには申込日から30日間は無料で使用することが可能となった。このサービスは4月26日から提供されているので気になる方は試してみてはいかがだろうか。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. AMPLE!、ICO第1弾の『Premiumu Sale』で約1億円の…

  2. マイニング業界のこれから

  3. ゴールドマンサックスの舵取り

  4. マカオ、暗号通貨に対して警告

  5. Bithumb、被害額約33億円から19億円へ引き下げ

  6. 世界で初、銀行記録処理にブロックチェーン技術

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲