ニュース

Facebook、詐欺広告能力掲載繰り返す

今年1月に暗号通貨やICO広告などの誤解を招いたり人を欺いたりする手段を用いる広告を禁止すると発表したFacebookが、イギリスの金融専門家の写真を使った暗号通貨関連の詐欺広告を掲載したことで訴状されるようだ。

イギリスの金融ジャーナリスト、マーティン・ルイス氏は金融商品宣伝のために自身の顔や名前を不正に利用した暗号通貨広告が、昨年1年間だけで50件以上Facebookに掲載されており、それを同社に報告していたのにもかかわらず広告制限を行わないことから、高等法院に訴状を出す計画を明らかにした。

ルイス氏は「報告をしても大半は数日から数週間放置され、ようやく広告が消されても新たな広告が掲載され、同じことが繰り返される。そもそも私は広告を出していないし、仮に掲載するにしても事前に私に問い合わせてほしいと依頼した。難しいことではないはずだ。なにしろ顔と文字認識のリーダーなのだから。」と皮肉たっぷりに批判した。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ミキシングで不当に得た利益隠蔽[Microsoft元従業員]

  2. 中国が暗号通貨に対し更なる規制をかけていくのか

  3. ブロックチェーンスマホの予約方法

  4. 昨日(7/2)のニュースまとめ

  5. 昨日(7/1)のニュースまとめ

  6. フランス、デジタル通貨発行へ[EU独自の決済システムとCBDC]

PAGE TOP

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]

ニュース

インド中銀の金融機関に対する制限と一般的な暗号通貨利用

ニュース

電通、ブロックチェーン技術活用に関する共同研究[n次創作]

ニュース

ドル円の考察 ~雰囲気トレーダー代表~

ニュース

暗号通貨、7800万円詐取[元社員による運営資金不正送金]

ニュース

アメリカ連邦準備理事会、デジタル通貨研究へ

ニュース

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ