ニュース

各取引所ERC-20トークンの取引停止

イーサリアムコントラクトで新たなバグが見つかったことから、暗号通貨取引量が世界第3位の取引所OKEXはすべてのERC-20トークンの入金を停止した。

このバグによるERC-20トークンの取引停止はOKEXだけでなくポロエックスやHitBTC、QUOINEさらにChangellyも行っている。なかでもHitBTCは顧客資産をオフラインに移す措置まで行っている。

このバグは今まで知られていなかったコントラクト内の脆弱性を狙ったもので、攻撃者が大量のトークンを所有しており、それにより価格操作が行われる可能性があるとしている。また、この他に「中央取引所外のオフラインの取引サービスにも、攻撃者のトークンを奪う行為を防げないために問題が発生する可能性がある」としている。

ただこのバグはERC-20トークンの標準機能にあるのではなくそれを導入しているコントラクトにあるため、「影響を受けるのはコントラクト所有者のみだ」とコメントしているものもいる。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ドイツ、医療データ管理にブロックチェーン技術を利用

  2. SEC「ETHは証券ではない」

  3. 約5億円を集めたICO運営者が行方不明に

  4. テレグラムICOがそろそろ買える!?

  5. 陰転シグナルの発生を警戒【フィスコ・ビットコインニュース】

  6. アンドロイド向けのアプリ初登場

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ