ニュース

改ざんされない出退勤記録

暗号通貨取引所Zaifを運営するテックビューロはブロックチェーンを活用した労務管理の実証実験を行った。

これは副業を行う社員の勤務時間を正確に把握することが難しいという企業の課題や雇用基による勤務実績改ざんを防止したいという個人の要求にこたえる技術となっている。今回はテックビューロが提供するプライベートブロックチェーン環境を構築するソフトウェアmijinを使用して副業支援アプリを作成し労務管理を行った。この実験には人材サービスのパーソナルキャリアとシステムインテグレーション事業の日本情報通信が提携し、労働時間実績データを単一のブロックチェーン上で管理することで二重出勤を防ぎ、個人も同一情報から改ざん防止が見込めたという。3社は今後も実験を続け、他のブロックチェーンを利用した新しいサービスの開発も検討していく。

自社と副業先がデータを共有し労働時間管理が行えるのは手間が省けて、管理もしやすくいい。2つ以上の企業がデータを共有していることからの改ざんを行えない、という仕組みも働き手にとってはうれしいことだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Ripple社、上海オフィス設立へ[中国の法規制]

  2. G20共同声明案、仮想通貨の国際機関による監視強化要請か

  3. 国内でのマイニング事業

  4. FSHO 金融庁から登録拒否される

  5. 昨日(2/11)のニュースまとめ

  6. コインチェックの今後の見通し

PAGE TOP

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]

ニュース

インド中銀の金融機関に対する制限と一般的な暗号通貨利用

ニュース

電通、ブロックチェーン技術活用に関する共同研究[n次創作]

ニュース

ドル円の考察 ~雰囲気トレーダー代表~

ニュース

暗号通貨、7800万円詐取[元社員による運営資金不正送金]

ニュース

アメリカ連邦準備理事会、デジタル通貨研究へ

ニュース

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ