ニュース

改ざんされない出退勤記録

暗号通貨取引所Zaifを運営するテックビューロはブロックチェーンを活用した労務管理の実証実験を行った。

これは副業を行う社員の勤務時間を正確に把握することが難しいという企業の課題や雇用基による勤務実績改ざんを防止したいという個人の要求にこたえる技術となっている。今回はテックビューロが提供するプライベートブロックチェーン環境を構築するソフトウェアmijinを使用して副業支援アプリを作成し労務管理を行った。この実験には人材サービスのパーソナルキャリアとシステムインテグレーション事業の日本情報通信が提携し、労働時間実績データを単一のブロックチェーン上で管理することで二重出勤を防ぎ、個人も同一情報から改ざん防止が見込めたという。3社は今後も実験を続け、他のブロックチェーンを利用した新しいサービスの開発も検討していく。

自社と副業先がデータを共有し労働時間管理が行えるのは手間が省けて、管理もしやすくいい。2つ以上の企業がデータを共有していることからの改ざんを行えない、という仕組みも働き手にとってはうれしいことだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ドラッグ&ドロップで仮想通貨の損益計算

  2. 世界初、ICOを告訴へ

  3. Zaifトラブル続きユーザー不安高まる

  4. コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

  5. 国税庁、脱税取り締まるために暗号通貨研究

  6. 1月16日にコンスタンティノープル予定[注目集まるEthereum]

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ