ニュース

改ざんされない出退勤記録

暗号通貨取引所Zaifを運営するテックビューロはブロックチェーンを活用した労務管理の実証実験を行った。

これは副業を行う社員の勤務時間を正確に把握することが難しいという企業の課題や雇用基による勤務実績改ざんを防止したいという個人の要求にこたえる技術となっている。今回はテックビューロが提供するプライベートブロックチェーン環境を構築するソフトウェアmijinを使用して副業支援アプリを作成し労務管理を行った。この実験には人材サービスのパーソナルキャリアとシステムインテグレーション事業の日本情報通信が提携し、労働時間実績データを単一のブロックチェーン上で管理することで二重出勤を防ぎ、個人も同一情報から改ざん防止が見込めたという。3社は今後も実験を続け、他のブロックチェーンを利用した新しいサービスの開発も検討していく。

自社と副業先がデータを共有し労働時間管理が行えるのは手間が省けて、管理もしやすくいい。2つ以上の企業がデータを共有していることからの改ざんを行えない、という仕組みも働き手にとってはうれしいことだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Bainance、素早い対応

  2. イラン取引禁止で約2700億円もの資金流出

  3. ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

  4. BTC取引のシェア、90%から1%へ減少

  5. EBPの議長国にイタリア、チェコ、スウェーデンの3ヵ国

  6. 昨日(3/28)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]