ニュース

中国、ブロックチェーン支援ファンド新たに創設

中国深セン市のブロックチェーン・スタートアップを支援するために5億元(約86億円)のファンドが設立されることが明らかとなった。

同国では既に4月に杭州市で100億元規模のブロックチェーン技術開発ファンド創設が発表されたばかりだ。この新しいファンドでは国務院国有資産監督委員会(SASAC)傘下の東海、スターキャピタルのファンド2社が運用し、シードフェーズにある100以上もの事業を支援する計画のようだ。

ブロックチェーン技術には国を挙げて支援・開発を行っている中国の勢いは止まらない。暗号通貨に対する禁止姿勢は崩れないが、このままブロックチェーン技術で暗号通貨を管理でき、政府の完全な管理下に置けるようになれば暗号通貨は解禁されるのではないだろうか。その場合、暗号通貨というより恐らく銀行発行の電子通貨になると思われるが。また中国政府は資産や動きを中央銀行で管理するためにブロックチェーン技術を導入する計画も持ち上がっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ゴールドマンサックスの見解

  2. 中央集権的取引所への宣戦布告

  3. レンディングサービスとは?

  4. ウィキペディアの創設者が警告

  5. 欧州中央銀行、仮想通貨を無視できない

  6. マルタ、政府の暗号通貨の専門機関

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ