ニュース

大手取引所クラーケン、NY当局の対応を批判

最近日本からの撤退を決断したアメリカ拠点大手取引所のクラーケンは自身のブログで、17日にNY当局で行われた暗号通貨取引所13社への質問状送付について「派手なプロパガンダ」と批判した。

この質問状は顧客の安全を確保するためだとして取引所の対策や情報を3ページにもわたって質問事項が並んでいる。クラーケンはこの質問は「見当違い」なものだという。求められている情報の大半はWebサイト上で明記、もしくは政府機関に提出してあり、それ以外はセキュリティ上開示できない情報についての質問だからだ。また、仮に答えられる大半の質問を提出しなおすとしても、与えられた2週間という期間は短すぎるということだ。クラーケンはそもそもNY州が独自規制を導入した後に撤退しており、NY州内に顧客が存在しないことからも、この質問状を送り付けられるという行為には疑問を抱いているようだ。

また、このNY当局への批判のほかにブログでは「日本からの撤退は事件の余波で監督強化が行われたため」と説明し、日本の暗号通貨関連法は比較的合理的な規制の好例であるため再び日本市場への参入の考えを示している。

クラーケンについて→https://coinsforest.com/p/9030/ NY当局の質問状について→https://coinsforest.com/p/9061/

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(8/12)のニュースまとめ

  2. 各取引所が金融庁の登録を報告

  3. フランス、ICO合法化 欧州でのICOの規制積極的に

  4. 世界はビットコインが目障りでリップルを歓迎する

  5. タイ財務省、暗号資産に関する課税枠組みを発表

  6. 昨日(7/18)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ