ニュース

トロンがETH所持者にAirdrop予定

ERC-20トークン、イーサリアムネットワーク上で発行されているトークンの1つであるトロン(TRX)が3000万TRXトークン(総額約1.7億円)のAirdropを発表した。

AirdropとはICOとは異なり、上場前の資金調達を行わずに保有者を増やすことで経済圏を広げる。つまり、保有者数を増やすために希望した人に無償でそのトークンを配布することを意味する。もちろん購入や事前資金調達ではないので損する人はいないといわれている。ただ、無償でトークンを配布するといって個人情報やウォレット情報を盗み出そうとする詐欺は存在するので気を付けていただきたい。

今回のトロンのAirdropは自身のウォレットに1ETH以上を保有するものに対し、10~100TRXがランダムで配布される。ETH保有者に何故、と思われるかもしれない。このAirdropはもちろん宣伝も兼ねているのだが、トロンは今年6月中旬にイーサリアムネットワークから独立し、独自のネットワークを構築独立することから今までのイーサリウムコミュニティへの感謝が込められているという。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. みずほ銀行がIBMと開発した「みずほマネー」の検証実験を実施

  2. Appleの共同創業者、全てのビットコインを売却

  3. フランスは仮想通貨で経済成長を狙う

  4. Ripple社、新たな提携

  5. クラウドファンディングと ICO の「デュアルオファリング」を検討

  6. カーニーBOE総裁、仮想通貨に規制を要請、基盤整えば有効なシステムにも…

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ