ニュース

ビットコイン価格の下落に影響を受けず、ハッシュレートは上昇

2018年に入ってから、仮想通貨市場の冷え込みにより大部分の仮想通貨の価値は下落した。ビットコイン/ドル(BTC / USD)の価格が8000ドルを下回った際にはビットコインのマイニングの利益が出ないのではと懸念する声が多数上がったが、この懸念とは裏腹にハッシュレート(マイニングの計算力を表す単位)は上昇を続けているという現象が起こっている。

ビットコインのハッシュレートは4月23日時点で29,200,582TH/s(テラハッシュ/秒、1テラハッシュは1秒間に1兆回のハッシュ演算を行うこと)。2018年以降、ビットコイン相場とは関係なくその計算力は継続して右肩上がりの上昇を見せてきた(Blockchain.infoより)。2018年1月1日時点では14,975,581TH/sであったことを鑑みれば特に4月以降の数値は目覚ましい高さであり、30,000,000 TH/sを超える日が7日も出た。

ハッシュレートのシェアを見てみると、23日時点ではBTC.com28.9%、Antpool15.2%など、中国の大手マイニングプールが80%を占めている状態だ。

ビットコインキャッシュ(BCH)でも同様の事態が見られる。特に3月と4月のハッシュレートは3,000,000 TH/sを超えることも増えて、2017年末と比較しても優に3倍超と過去最大の上昇を見せている(BitInfoChartsより)。そしてここでもBTC.top、Viabtc、Antpoolといった中国の大手マイニングプールがシェアの60%を占めている。

ビットコインとビットコインキャッシュのマイニング報酬からそれぞれのマイニングの収益性を算出し比較しているfork.lolというサイトでは、ビットコインキャッシュ価格の上昇も相まって、過去7日間の平均ではビットコインキャッシュの方がビットコインよりもマイニングの収益性が高いという結果が出ている(25日時点)。

ハッシュレートの爆発的上昇は、ビットコインとビットコインキャッシュだけでなく、ライトコインやイーサリアムなど「プルーフオブワーク(Proof of Work)」という形式のコンセンサスアルゴリズム(合意形成)を現在採用している仮想通貨全体にみられる現象だ。イーサリアムのハッシュレートは仮想通貨価格が冷えこんでいた期間中にも大幅に増加し、1月1日時点の159,441GH/sから4月25日時点では255,641 GH/sとなっている(EhterScanより)。

仮想通貨価格が下がることでマイニングの収益性も下がることに対して、ネットワークを維持するために必要なマイニングのハッシュレートも減少するのではないかという懸念は、2018年以降の4か月間においては杞憂であったということができる。ただし、ビットコインやビットコインキャッシュのマイニングの大半を中国企業が占めているという点において、同国の規制動向には引き続き注意が必要である。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 非中央集権は幻想か

  2. 【あなたは賛成?反対?】ニュースサイトで暗号通貨マイニングを収入源とす…

  3. ウォレット偽装アプリにご用心

  4. 中国の家電メーカーが、家電でマイニングを可能にする特許を出願

  5. 地方債発行にブロックチェーン技術

  6. 米NYCプラザホテル、ICOも検討

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ