ニュース

イーサリアムの大会に日本企業選出

イーサリアムのブロックチェーンを支える開発者のための世界大会EDCONで日本企業クーガ株式会社がTOP10チームに選出された。

同社はこの大会でAI/Lot/AR/VR/ブロックチェーンによって空間をスマート化する技術「コネクトーム」についての技術発表を行うようだ。大会は年に一度開催されており、2018年はイーサリアムの聖地とされるカナダのトロントで5月3日から5日に開催予定となっている。この大会はメインイベントとして世界中のエントリーから2回の審査に勝ち残った10チームがプレゼンテーションを行い、最も優秀なチームが選ばれる。その中の二回の審査に勝ち残った10チームに日本企業、クーガ株式会社が選ばれたのだ。本大会で日本チームが選出されるのは初のことだ。

またこの大会ではこのメインイベントのほかにイーサリアム発案者のVitalikBurerin氏をはじめとする、ブロックチェーントップ開発者などら60名以上が登壇し様々な議論がなされるようだ。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ホワイトリストの直近騰落状況

  2. タイの中央銀行は仮想通貨を取り扱わないように注意喚起

  3. 自主規制まとめ[日本]

  4. コインチェック完全機能停止、止まらないユーザーの不安

  5. 国内で進むブロックチェーンの活用

  6. 暗号通貨担保、USDCを採用

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ