ニュース

中国、規制体制変わらず

中国政府は北京で行われた記者会見でICOと暗号通貨取引に対する消極的な姿勢を改めて表明した。また、金融当局は違法な資金調達(ICO)に対処すべく民間金融業者の金利、証券会社や先物取引業者を今後も引き続き監視していくと述べた。

暗号通貨取引とICOを違法な資金調達法としている中国だが、今回もその姿勢を崩すことなくむしろ今後も監視を引き続き管理すると強調した。さらに複数の規制機関による共同声明では中国人民銀行はインターネット金融によるリスクと戦う意思を示し、ICOや取引プラットフォームは公共安全のために閉鎖したと強調した。

またこの共同声明では、中国における違法な資金調達は減少したものの「状況は未だ深刻」とし、規制当局ではこの資金調達に焦点を当て国民を詐欺から守ると強調した。また最高裁判所でもこの資金調達は「中国の金融安定にとって極めて有害」と指摘している。暗号通貨規制が厳しい中国だがこの状況は今後も十分続きそうである。

今現在の中国規制状況はこちら

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ロシア、中国に対抗してビットコインのマイニングに1億ドルを用意

  2. 野村ホールディングスも、サービスに向け研究開始

  3. 仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

  4. IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

  5. ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

  6. 日本で仮想通貨被害が急増

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ