ニュース

イーサリアムの分散性が証明

コーネル大学教授のSirer氏の研究によってイーサリアムのブロックチェーンネットワークは現在ビットコインよりも分散的であることが示されたようである。

2015年の登場からイーサリアムについては暗号通貨コミュニティで誤った情報が流布されていたため、業界の一部の開発者や利用者などはイーサリアムがセキュリティ性と分散性などの面で他の主要なブロックチェーンに劣っていると信じられていたのだ。しかし、この研究でイーサリアムのノードはBTCに比べて特定の機関や組織に属しているものが少ないと示され、その分散性は評価されたようである。

そもそもイーサリアムはDapps(分散型アプリケーション)という中央で管理せず、みんなが同じ情報を共有する分散型・非中央集権型のプラットフォームであるため、イーサリアムを誤情報に惑わされなかった人々からの信頼は厚かったようであるが、この研究によりイーサリアムのノードは組織団体的にも地理的にも分散し、きちんと管理されることが明らかとなったわけである。それに対してこの研究でBTCのノードは特定のデーターデンターに置かれる傾向が強く偏っていることが明らかとなった。しかし、この比較しているBTCのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンのネットワークシステムはその仕組みが全く異なるため比較としては適していないとも言える。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【独自通貨ブーム‼】マーシャル諸島も独自仮想通貨「ソブリン」発行を計画…

  2. Saxo Bank のアナリストの大予言?

  3. 取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

  4. 米国家安全保障局、2013年からBTCユーザー監視

  5. 【なぜ?】ビットコイン価格が安値から反発した理由

  6. ノボトニー・オーストリア中銀総裁、仮想通貨規制措置を歓迎

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

SBLOCK2.0の運用停止・換金・出金方法[コインの森なんでも相談室]

ニュース

マレーシア、NEMを活用した学位証明[教育]

ニュース

経産省、ポイント還元のための地図アプリ公表[キャッシュレス決済]

ニュース

IINに東南アジア大手金融機関OCBC、加盟[送金]

ニュース

Facebook、Libraの担保となる資産割合開示

ニュース

UAE,医療分野でブロックチェーンを導入

ニュース

独立行政法人経済産業研究所、ブロックチェーンに関するシンポジウム開催