ニュース

台湾でビットコイン保持が違法に

台湾で最近起こった身代金目的の誘拐事件の影響で、台湾域内ではビットコイン保持が違法になったようだ。

金融監督管理委員会はビットコインを違法とした。

これは香港の資産家がギャング集団に襲われ、身代金として3万BTC(約14億円)を要求したことが発端となっている。

人質はその後すぐに1300万香港ドル(約2億円)で開放された。

金融監督管理委員会は、中央銀行と連盟で関連規制に関するリリースを行うとしている。

台湾はコンビニでビットコインの購入ができるようになっていたり、仮想通貨の環境は進んでいる地域であったが、今回の決定で一気に仮想通貨排除の方向に進むことになってしまった。

 

関連記事

  1. SBIインベストメントがWirexに300万ドルの出資

  2. カシュカリ米MN連銀総裁「ビットコインは通貨ではない、目新しいおもちゃ…

  3. 米ペイパルCEO、仮想通貨の将来に不透明性、ブロックチェーンは力強い要…

  4. マカオ、暗号通貨に対して警告

  5. マイニングに必要なものとは[初心者向け]

  6. 米リップル、ブロックチェーンの業界団体ハイパーレッジャーに加盟

PAGE TOP

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]