ニュース

台湾でビットコイン保持が違法に

台湾で最近起こった身代金目的の誘拐事件の影響で、台湾域内ではビットコイン保持が違法になったようだ。

金融監督管理委員会はビットコインを違法とした。

これは香港の資産家がギャング集団に襲われ、身代金として3万BTC(約14億円)を要求したことが発端となっている。

人質はその後すぐに1300万香港ドル(約2億円)で開放された。

金融監督管理委員会は、中央銀行と連盟で関連規制に関するリリースを行うとしている。

台湾はコンビニでビットコインの購入ができるようになっていたり、仮想通貨の環境は進んでいる地域であったが、今回の決定で一気に仮想通貨排除の方向に進むことになってしまった。

 

関連記事

  1. MUFG、数年内の実用化に向けリップル実証実験

  2. ウクライナの情報サイトが家宅捜索か

  3. 中央銀行が発行する仮想通貨は安全なのか

  4. 三菱UFJの暗号通貨実証実験開始

  5. 韓国はビットコイン規制せず

  6. 大手金融グループ、住宅ローン証券の追跡にブロックチェーン技術の導入

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ビットメイン、BTCのハッシュレート42%も占める

ニュース

Ripple社、CoinbaseにXRPの上場依頼

ニュース

韓国、ハッキング受け規制強化

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗