ニュース

台湾でビットコイン保持が違法に

台湾で最近起こった身代金目的の誘拐事件の影響で、台湾域内ではビットコイン保持が違法になったようだ。

金融監督管理委員会はビットコインを違法とした。

これは香港の資産家がギャング集団に襲われ、身代金として3万BTC(約14億円)を要求したことが発端となっている。

人質はその後すぐに1300万香港ドル(約2億円)で開放された。

金融監督管理委員会は、中央銀行と連盟で関連規制に関するリリースを行うとしている。

台湾はコンビニでビットコインの購入ができるようになっていたり、仮想通貨の環境は進んでいる地域であったが、今回の決定で一気に仮想通貨排除の方向に進むことになってしまった。

 

関連記事

  1. なぜ?コインチェックが認可されない理由とは!!

  2. リップルのCEOが交代、ラーセン氏からガーリンハウス氏へ

  3. 韓国は新しい規制へ

  4. 昨日(7/5)のニュースまとめ

  5. 新認証システム

  6. ビットコイン取引所 247exchange、使い勝手が大幅に向上

PAGE TOP

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ