ニュース

シンガポールの規制状況

シンガポールは暗号通貨取引の大部分は規制されていない。しかし中央銀行3月、投資家保護が必要かどうかの判断の為に市場を評価しているところであると報告した。そのため、今後その調査によっては規制が行われる可能性もある。

今現在、中央銀行はブロックチェーン技術の発展にとっては良好な環境を維持しているものの、投資家に対しては市場投機によって価格変動が激しい暗号通貨と関連したリスクについて警告を発しているおり、日本と同じように業界の成長の妨げはしないが、消費者・投資家に対する保護は徹底している。また、金融当局は暗号通貨と関連した問題がブロックチェーンの技術採用を阻む恐れがあることから、暗号通貨に対するさらなる規制のための計画を検討してもいるため、取引が厳しくなることも考えられる。

同国では国際送金に利用されるブロックチェーン・ネットワークの取り組みや、それを利用したガソリンの商品取引に成功している。さらにシンガポールと日本のフィンテック協会は急成長する暗号通貨産業間のギャップを埋める取り組みを協力して埋めると発表してもいる。同国の規制状態は日本に近いが、ブロックチェーン技術に対する取り組みなどはシンガポールが言って先を言っているといったところだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Googleに続きTwitterも広告規制

  2. FXの取引高が5年ぶりに減少

  3. 中央銀行によるデジタル通貨の発行

  4. 韓国、規制整備や投資で発展促す

  5. CAMPFIRE、ビットコインでの資金集めが可能に

  6. MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

PAGE TOP

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ

ニュース

MoneyGramと韓国大手送金業者提携[Ripple とxRapid]

ニュース

GINKAN、オリコと資本業務提携[トークンエコノミー]

ニュース

Coinbase、イギリス利用者向け入出金で制限

ニュース

TISとINDETAIL、実証実験へ[過疎地域での交通インフラ]

ニュース

ALIS,証明サービス提供開始[ブロックチェーン]

ニュース

Binance、XLMのステーキングサポート

ニュース

ステーブルコインに関する声明[G7・財務省]