ニュース

日本の規制状況

日本の暗号通貨市場規模は世界最大規模でアメリカに次ぐ第2の規模だと考えられている。

日本政府は17年4月より暗号通貨交換業者を登録制にしており、書類や報告書の作成を義務付けるなどの投資家保護はおこなっているが、取引市場の規模もあってか暗号通貨そのものに対する法規制は厳しくない。また、1月のコインチェックでの大規模な暗号通貨盗難事件が起きたこともあり、暗号通貨コミュニティは政府に対して協力的であるため、今後暗号通貨関連の法規制を作るうえで重要なものではないかと思われる。

現在、投資家の暗号通貨取引は禁止されていない。ICOも行えるが現存する暗号通貨交換業者すべての本人確認が必要であるため、実質本人確認書類の提出が必須であり、犯罪利用防止のための本人確認の徹底は行われている。また、今後このICOは合法化するための規制法案がでている。この提案では、ICOは証券と見なされることになる。これは、米国証券取引委員会のアプローチと類似している。 日本の仮想通貨市場におけるその他の進展として、最近、リップルのテクノロジーを使用した国内送金用モバイルアプリが銀行のコンソーシアムから発表された。

消費者保護、投資家保護はする一方で、日本では他国に比べ厳しい規制が行われていない。このおかげで規制に抑圧されることなく暗号通貨業界の発展はしやすい環境である。しかし、暗号通貨関連技術に対する保護、援助などは行われていないため、やはり中国などと比べると開発の勢いは弱いようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨のイベントスケジュール

  2. 流失NEMのほぼ全額が他の仮想通貨へ交換される

  3. 日本企業、暗号通貨を担保に融資サービス

  4. スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

  5. トランプ大統領が暗号通貨を配布⁈

  6. 台湾中央銀行は「ブロックチェーン」に積極的

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ