ニュース

中国現在の規制状況

中国政府は暗号通貨の活動を厳しく取り締まっており、暗号通貨取引、売買、ICOなどが禁止されているような状況で、銀行が暗号通貨を利用している顧客へのサービスを停止したともいわれている。

中国の中央銀行である、中国人民銀行の総裁は最近の記者会見でも暗号通貨を批判するなど、暗号通貨に対する姿勢は依然厳しいままで、「国内市場の安定が脅かされる危険性があるため規制機関は暗号通貨取引に対してさらに徹底した監視を行うだろう」と述べているため、今後も規制緩和の兆しは見えない。

しかしこうした暗号通貨に対する姿勢の一方で、その暗号通貨を支えるブロックチェーン技術に対してはその価値を認めている。そのため中国政府は杭州市にブロックチェーン工業団地を開設しており、そこでのブロックチェーン・プロジェクトには20億ドル(約2153億円)以上が費やされ、そのうちの30%は政府による資金提供であると見られている。こういった国の動きを見てか同国では17年に225件以上のブロックチェーン関連特許が出願されており、今後もブロックチェーン技術の開発の先頭を行くのではないかとみられる。

確かに暗号通貨関連の犯罪は多く、それにたいする規制・対処もまだきちんと整備されてはいないが、もし今後その解決策がでて、中国でも暗号通貨が解禁されれば、人口・経済規模からみても暗号通貨市場へ及ぼす影響は相当のものではないのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ハッカーからBTCを押収!

  2. マウントゴックス元CEO清算後に残った資金に対して不満

  3. これからの活躍に期待高まるNEM[ベルギー・ベネズエラ]

  4. XRP,モバイル決済アプリで利用可能!!

  5. 秘密鍵紛失で7,500BTCを失う

  6. インドでCBDCの発行検討を正式発表

PAGE TOP

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始