ニュース

世界食糧計画でブロックチェーン事業

ベルギー政府は世界食糧計画(WEP)のブロックチェーンプロジェクトに200万ユーロ(2.6億円)を寄付する予定だ。

ベルギーがこの寄付を行うことについて、同国尾副首相兼開発協力大臣アレクサンダー・デ・クロー氏は「技術革新は人命を救う。人道支援や保護を求める人々に対し、より効率的に支援を行う手段を見つけることで、需要と支援供給の差を縮めることができる。ベルギーはこのより多くの命を救い、支援することが可能な革新的技術を考え出した世界食糧計画の努力を称賛する」とコメントした。この寄付が行われたプロジェクト、「ビルディングス・ブロック」は他の国連機関と連携して行われ、世界の食糧計画資金をより透明度が高く効率的に難民に届けるためのものだ。実際にヨルダンのキャンプにいる10万人以上のシリア難民が、このプロジェクトから食料などを調達している。

また、昨年5月には難民が現地通貨の代わりとして使用できるクーポンで配給食糧が受け取れるように、イーサリアムブロックチェーン技術を活用しており、この計画で1万人以上の人々が恩恵を受けている。

難民援助の資金や募金などは集めている企業や団体らが実際どのように運用しているのか不透明だ。そういったことから募金を拒む人もいるだろう、しかしブロックチェーン上で行われれば物の動きや資金の動向確認も可能で、安心して資金援助が行えるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. リップル社、シリーズBラウンドで新たに約56億円の資金を調達

  2. 51%攻撃の危険性からか?PoWの通貨取扱停止

  3. スイスの大学がビットコインを導入

  4. ICOの規模を視覚化

  5. Zaif流失事件の犯人特定に一歩[漫画村運営者も特定]

  6. Berkeley、ブロックチェーン技術研究機関を設立

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ