ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

IBMはバタビアと呼ぼれるブロックチェーン技術を使った貿易金融プラットフォームで最初の試験取引を行った。

昨年秋に開始されたプロジェクト、バタビアでは製品のサプライチェーン上の取引を追跡し、貿易契約を締結するためのスマートコントラクトの実行を鍵で促せるようになっている。このプロジェクトにはIBMのほか、モントリオール銀行やカイシャバンク、エルステ・グループ、UBSが参加しており、今後も開発の中で新たにフィンテック企業や金融機関とパートナーシップを結ぶ可能性もあるようだ。

今回の試験取引ではドイツからスペインへの自動車やオーストラリアからスペインの家具用生地の輸送などが含まれているようだ。このプロジェクトにより取引がより安全に素早く行われ、管理体制や金融手段の効率化が行われるのだろう。

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. ビットコインは金の上位互換になれるのか

  2. 銀行法解釈で見る今後の銀行・取引所の未来

  3. 多発するフィッシング詐欺

  4. 昨日(9/15)のニュースまとめ

  5. 話題のBitMEXとは

  6. ビットコインが再度急上昇

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響