ニュース

マイニングに対する各国の動き

世界各国でマイニング業者が増加し、マイニング施設の建設などが行われているが、その動きを懸念する声も上がっている。

アイスランドではマイニング業者が集中したことから国内の電力不足の可能性が報じられている。また、韓国ではマイニングに大量の電力が消費される危惧とともに、マイニングを行うためにハードウェアに負荷がかかりその際に発する熱での火災も心配されているようだ。マイニングが活発することで、韓国ではマイニングチップの輸入量が増加しており、

昨年12月だけで454のチップが輸入され、その輸入額は日本円にして約1.3億円にもなるという。こうした輸入量の急増から韓国では関税局の認定が必要な品目として名を連ね、国が定める衛生面や安全面の基準をクリアしなければならなくなった。

また、こうしたマイニング用チップの需要が増す一方で、マイニングのハードウェアそのものに対しての需要は弱まっており、それらを製造する大手半導体製造のTSMCは予想売上高の下方修正を行った。

アイスランドについてはこちら

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本のブロックチェーン産業も活発に

  2. 利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

  3. BTCは譲渡可能な価値あるもの、と裁判所の見解

  4. アメリカ司法省、仮想通貨関連の会議を開催

  5. バンカメ、仮想通貨取引でのクレカ使用禁止へ

  6. 印仮想通貨取引所でビットコインが流出、横領行為との声も

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響