ニュース

マイニングに対する各国の動き

世界各国でマイニング業者が増加し、マイニング施設の建設などが行われているが、その動きを懸念する声も上がっている。

アイスランドではマイニング業者が集中したことから国内の電力不足の可能性が報じられている。また、韓国ではマイニングに大量の電力が消費される危惧とともに、マイニングを行うためにハードウェアに負荷がかかりその際に発する熱での火災も心配されているようだ。マイニングが活発することで、韓国ではマイニングチップの輸入量が増加しており、

昨年12月だけで454のチップが輸入され、その輸入額は日本円にして約1.3億円にもなるという。こうした輸入量の急増から韓国では関税局の認定が必要な品目として名を連ね、国が定める衛生面や安全面の基準をクリアしなければならなくなった。

また、こうしたマイニング用チップの需要が増す一方で、マイニングのハードウェアそのものに対しての需要は弱まっており、それらを製造する大手半導体製造のTSMCは予想売上高の下方修正を行った。

アイスランドについてはこちら

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 取引所DMM Bitcoin,5月の4大キャンペーン

  2. Spindleの今

  3. 東京の国保、前年比26%上昇

  4. 昨日(11/16)のニュースまとめ

  5. Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ…

  6. 仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

PAGE TOP

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

[初心者向け]ウォレットとは?ウォレットの種類

ニュース

ビットポイント流出事件の現状報告[現物での払い戻し検討]

コインの森のなんでも相談室

MiningCityて大丈夫ですか?[コインの森相談室]

ニュース

Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策としてBCH活用

ニュース

Facebook暗号通貨プロジェクト[Libra]の公聴会

ニュース

昨日(7/15)のニュースまとめ

ニュース

Santander提供送金アプリ[OnePay]、ポーランドも対応