ニュース

再配達問題の解決にブロックチェーン

GMOインターネット株式会社が提供するブロックチェーンプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」が宅配ボックスサービスの基盤として利用されたことが明らかとなった。

この宅配ボックスサービスを提供する株式会社セゾン情報システムズは、昨今の通販サイト利用などの拡大による宅配需要の増加、それに伴う再配達の増加の対応としてブロックチェーン技術の導入を行ったようだ。再配達は業者の負担だけでなく、配達時の二酸化炭素排出量増加による環境汚染などの社会問題としても問題視されている。これまでにもセゾン情報システムズはブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスの実証実験も行っている。

このZ.comCloudブロックチェーンを導入した宅配サービスのテスト運用は4月23日から開始される。また、このような動きを受けて同プラットフォームはブロックチェーン技術を活用した実サービス展開の支援を行うようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 欧州の仮想通貨取引所大手Bitstamp、売却へ

  2. 日本国内の暗号通貨課税状況

  3. 仮想通貨流失額、昨年だけで6.6億円

  4. 主要暗号通、ETF申請

  5. ICOは証券取引委員会の管轄下か

  6. Zaif朝山社長、Twitterを鍵アカへ

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ