ニュース

広告業界でもブロックチェーン技術活用

Webブラウザを扱っているアメリカのブレイブ(Brave)は、同国大手メディアのダウ・ジョーンズ(DowJones)とデジタル広告でブロックチェーン技術をテストする協定を結んだと発表した。

この提携によりBraveが新たに開発したプラットフォームでDowJonesのコンテンツが配信されることとなる。両社はこれからブロックチェーン技術の有効活用に向けて実験を重ねていくとしている。Brave側は「高品質な顧客体験の構築に利用できるような新しい技術の開発を継続して行うことが重要だ」とも述べている。

Braveは2017年に独自トークンBasic Attention Token(BAT)を発行しており、これにより15.3万ETHの獲得に成功している。また同社は広告をブロックする機能を付けたことで、メディアからはサイト収益を妨害するものだ、と批判されていた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. マイニングためにジャンボジェット機をチャーターしてしまう!?

  2. テックビューロ、減資・本店変更の知らせなし

  3. 国内取引所 BTCBOX

  4. ブロックチェーンスマホの予約方法

  5. 分散型台帳技術・暗号通貨関連法案承認[マルタ]

  6. SAPはブロックチェーンに関する計画にメンバーを大幅追加

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ