ニュース

広告業界でもブロックチェーン技術活用

Webブラウザを扱っているアメリカのブレイブ(Brave)は、同国大手メディアのダウ・ジョーンズ(DowJones)とデジタル広告でブロックチェーン技術をテストする協定を結んだと発表した。

この提携によりBraveが新たに開発したプラットフォームでDowJonesのコンテンツが配信されることとなる。両社はこれからブロックチェーン技術の有効活用に向けて実験を重ねていくとしている。Brave側は「高品質な顧客体験の構築に利用できるような新しい技術の開発を継続して行うことが重要だ」とも述べている。

Braveは2017年に独自トークンBasic Attention Token(BAT)を発行しており、これにより15.3万ETHの獲得に成功している。また同社は広告をブロックする機能を付けたことで、メディアからはサイト収益を妨害するものだ、と批判されていた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. FLOCブロックチェーン大学校、入門講座を無償提供[4月も開催]

  2. 業務改善命令を受けた取引所の動き

  3. ナスダック、電子投票システムを開発

  4. インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求…

  5. QRコードに脆弱性が見つかる

  6. ドイツ、仮想通貨支払い導入

PAGE TOP

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始