ニュース

指輪にブロックチェーン技術活用

株式会社ISSHOでブロックチェーン技術を活用した指輪の政策が開始された。

この指輪はブロックチェーンの1度記録されたものは改竄されないという特徴を活用し、指輪を送る相手に対する気持ちを暗号化しブロックチェーンに記録、記録された文字は世界に一つだけの文字列に変換され、その文字列を指輪に刻むというものだ。もちろんこれにはどんな言葉も記録することができ、ブロックチェーン上で管理するため消えることはない。今までにも文字や名前を彫った指輪は存在したが、削れて見えにくくなって少し悲しい気持ちになってしまう方もいたのではないだろうか。そんな方々にはとてもうれしい指輪の登場となる。

この指輪のデザインはベビーリング、ピンキーリング、エンゲージリング、マリッジリングの4種があり、ベビーリングには誕生石をつけることも可能など種類も揃っている。発売に先駆け、4月下旬よりクラウドファンディングが行われるそうだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Apple共同設立者、暗号通貨を肯定

  2. ブロックチェーン関連法、事業への影響[マルタ]

  3. イスラエル最高裁は「仮想通貨関連口座制限」を禁止

  4. 広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

  5. SIMジャック対策不足で起訴

  6. 匿名通貨③[XVG]

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ