ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

アメリカの証券取引委員会(SEC)がイーサリアムを証券への分類検討していることに対し、サンフランシスコを拠点とするベンチャーキャピタリストや起業家らが抗議していることが分かった。

この抗議では、イーサリアムだけでなくすべての暗号通貨やトークンが証券として扱われないように訴えている。シリコンバレーでも知名度の高いベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzが投資家、弁護士を集めてSECに「暗号通貨を証券法から外す規定を用意するべき」という要求を行うなど、暗号通貨を証券として扱う動きに反発する働きが多く見られる。

抗議者らは非中央集権性や柔軟性のある暗号通貨やトークンは証券法から外すべきだと訴えた。そのためにも、非中央集権は発行者がネットワークの管理方法や変更に対して大きな影響を与えないこと、柔軟性については投機的な投資商品としての機能のほかに使用目的を保有者が実行できること、という例外となる暗号通貨・トークンの定義を提示した。

SECでは、暗号通貨の扱いがまだ定まっていないことから、証券としての性質を持つ暗号通貨・トークンを既存の証券法にあてはめ管理しようとする動きが強まっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 欧州の仮想通貨取引所大手Bitstamp、売却へ

  2. 加電力会社ハイドロ・ケベック、マイニング事業の新規受け入れを停止

  3. EOS、ICO史上最高額の調達に成功

  4. 暗号通貨投資家が「価格が底をついたと判断」

  5. マウントゴックス事件に関係したとされるダミー企業がイギリスに

  6. マスターカード、仮想通貨購入でカード利用額が急増

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ