ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

アメリカの証券取引委員会(SEC)がイーサリアムを証券への分類検討していることに対し、サンフランシスコを拠点とするベンチャーキャピタリストや起業家らが抗議していることが分かった。

この抗議では、イーサリアムだけでなくすべての暗号通貨やトークンが証券として扱われないように訴えている。シリコンバレーでも知名度の高いベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzが投資家、弁護士を集めてSECに「暗号通貨を証券法から外す規定を用意するべき」という要求を行うなど、暗号通貨を証券として扱う動きに反発する働きが多く見られる。

抗議者らは非中央集権性や柔軟性のある暗号通貨やトークンは証券法から外すべきだと訴えた。そのためにも、非中央集権は発行者がネットワークの管理方法や変更に対して大きな影響を与えないこと、柔軟性については投機的な投資商品としての機能のほかに使用目的を保有者が実行できること、という例外となる暗号通貨・トークンの定義を提示した。

SECでは、暗号通貨の扱いがまだ定まっていないことから、証券としての性質を持つ暗号通貨・トークンを既存の証券法にあてはめ管理しようとする動きが強まっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Purse.io、日本でのサービス拡充を計画

  2. ツイッター、ICOなどの広告禁止へ、BTCは8000ドル割れ

  3. Bitfinexが取引を再開、BFXトークンの発行で損失を補てんへ。

  4. 昨日(9/28)のニュースまとめ

  5. ベネズエラでBTCの需要高まる

  6. 1週間(10/7~10/14)の注目記事

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ