ニュース

イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

イーサリアムの共同創始者であるヴィタリック・ブリテン氏は中国初のブロックチェーンプロジェクト、トロン(TRX)を批判した。

ブリテン氏はこれまでにも「多くのプロジェクトには魂がなく、値段を釣り上げてランボルギーニを買いたいだけだろう」と皮肉り、イーサリアム上で展開されるICOや暗号通貨バブルを批判してきたが、その中でも特にTRXを軽蔑しているようである。TRXは年末年始のアルトコイン相場で時価総額1.8兆円まで膨れ上がり、その後急落したものの現在でも3600億円ほどの時価総額がある。しかしこのTRXには目立ったプロジェクトがなく、先月にテストネットの開発をしたのみあり、こういった点から暗号通貨業界ではTRXを懐疑的に見る方が多い。ブリテン氏もこのTRXの上昇は「行き過ぎ」としている。

またほかにもイーサリアムにとって代わることをもくろむEOSもそのトークンに有用性が存在しないことから非難を浴びている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Mozillaの前CEOが立ち上げたBrave、ICOにて3500万ド…

  2. 広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

  3. BitOasis、中東でビットコイン事業を立ち上げ

  4. イタリアの取引所ビットグレイル、破産申請

  5. 金融庁はICOを危険視

  6. テックビューロのmijinとは

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ