ニュース

イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

イーサリアムの共同創始者であるヴィタリック・ブリテン氏は中国初のブロックチェーンプロジェクト、トロン(TRX)を批判した。

ブリテン氏はこれまでにも「多くのプロジェクトには魂がなく、値段を釣り上げてランボルギーニを買いたいだけだろう」と皮肉り、イーサリアム上で展開されるICOや暗号通貨バブルを批判してきたが、その中でも特にTRXを軽蔑しているようである。TRXは年末年始のアルトコイン相場で時価総額1.8兆円まで膨れ上がり、その後急落したものの現在でも3600億円ほどの時価総額がある。しかしこのTRXには目立ったプロジェクトがなく、先月にテストネットの開発をしたのみあり、こういった点から暗号通貨業界ではTRXを懐疑的に見る方が多い。ブリテン氏もこのTRXの上昇は「行き過ぎ」としている。

またほかにもイーサリアムにとって代わることをもくろむEOSもそのトークンに有用性が存在しないことから非難を浴びている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 取引所BITPointでの不正流失[フィッシング詐欺等の影響も]

  2. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

  3. ブロックチェーン技術で個人情報管理、機関サービス受けやすく

  4. 警察がマイニングの為に職場で盗電

  5. ユーロ銀行協会 「ブロックチェーンは銀行業の発展に役立つかもしれない」…

  6. CFTC委員長、仮想通貨の熱烈な支持者ではないと確認、批判に対処

PAGE TOP

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始