ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)は2018年の売上高予想を従来の10~15%増から10%増に引き下げた。

この下方修正は暗号通貨のマイニング需要の先行きが不透明になったためだ。TSMCは第1四半期の暗号通貨マイニング需要は大きく、第2四半世紀もその需要は継続されると予想していたが、アナリストのチャーリー・チャン氏が「BTCマイニングのハードウェア需要と価格は今後下落し、TSMCの需要にも影響するだろう」分析するように、今後の暗号通貨をめぐる市場、状況の変化する可能性が高まっている。そうでなくとも日々発展し、変動の激しい業界であるから、今ある需要が継続される保証はどこにもないだろう。

世界的な投資銀行モルガンスタンレーも「BTCの価格が同じであっても、今後マイニングの収益は急速に落ち、そういった状況から電気代を非常に安く見積もったとしても新しいマイニング能力の投入は活発に行われないだろう」とマイニング収益の減少とマイニングにかかる電気料金などからして、新たにマイニング機器を導入する勢いは失われると判断している。

また、このTSMCの売上高の下方修正によって半導体関連の銘柄は、半導体の需要が減少するという警戒心から軒並み下落している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. シンガポールの当局関係者の見る先が凄い

  2. 仮想通貨の成功は「地方」と「途上国」にあり?

  3. ブロックチェーン業界を公式に産業として認可[韓国]

  4. 詐欺的な会社を判別するサイト開設[ベルギー]

  5. ゴールドマン・サックス「ビットコインは”バブル”だ」

  6. ロシア、「デジタル署名」の地位が確立し芸術分野で大きく躍進するか

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]