ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)は2018年の売上高予想を従来の10~15%増から10%増に引き下げた。

この下方修正は暗号通貨のマイニング需要の先行きが不透明になったためだ。TSMCは第1四半期の暗号通貨マイニング需要は大きく、第2四半世紀もその需要は継続されると予想していたが、アナリストのチャーリー・チャン氏が「BTCマイニングのハードウェア需要と価格は今後下落し、TSMCの需要にも影響するだろう」分析するように、今後の暗号通貨をめぐる市場、状況の変化する可能性が高まっている。そうでなくとも日々発展し、変動の激しい業界であるから、今ある需要が継続される保証はどこにもないだろう。

世界的な投資銀行モルガンスタンレーも「BTCの価格が同じであっても、今後マイニングの収益は急速に落ち、そういった状況から電気代を非常に安く見積もったとしても新しいマイニング能力の投入は活発に行われないだろう」とマイニング収益の減少とマイニングにかかる電気料金などからして、新たにマイニング機器を導入する勢いは失われると判断している。

また、このTSMCの売上高の下方修正によって半導体関連の銘柄は、半導体の需要が減少するという警戒心から軒並み下落している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 邦銀仮想通貨連合から地銀11行離脱

  2. 暗号通貨規制は必要か、調査に動き出す[ケニア]

  3. SNSで仮想通貨を稼ぐ夢のアプリ

  4. bitFlyerがセキュリティの評価で世界一となる

  5. 自主規制、投資家との溝広がる

  6. インドでCBDCの発行検討を正式発表

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]