ニュース

暗号通貨関連求人の募集倍増

アメリカのスタートアップ企業の求人掲載や投資家に向けに投資の機会を提供する企業、エンジェルリストによると暗号通貨関連の求人は過去3か月で倍増したようだ。

同社によると昨年12月のBTCが2万ドルになった時には約500件だったが、BTCが下落し7000ドルを下回った時には求人案件は1000件以上となっていた。同社は過去のブログ「仮想通貨業界で仕事を得る方法」にて「17年以内に暗号通貨の求人案件は1200件を超えるだろう」と予測していたが、今年に入って実際にその数字を超えることとなった。「分散型ファイナンス」「セキュリティハードウェア」「分散型インターネット」などの技術関連分野での求人だけでなく、最近では法務やデザインなどの暗号通貨そのものの分野で新しい求人が増えている傾向のようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 待望のコインチェック再開はいつになるのか

  2. 極楽とんぼ加藤「現金主義」

  3. ビットコインユーザー向けの暗号通貨申告アプリgaリリース

  4. 昨日(11/7)のニュースまとめ

  5. XRP基軸通貨となるか、期待高まる

  6. モナコイン不正入手容疑で高校生逮捕

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響