ニュース

XRPの高騰、将来への期待

暗号通貨市場は今現在好調で、なかでもXRPが時価総額TOP25の中で一番高い上昇幅を記録するなど、XRPの勢いがすごい。特に取引高は前日比で2倍となっており、XRPのこれからを期待する動きがみられる。

このXRPの取引のほとんどは韓国と日本で占めており、主にアジア圏での人気を誇っているようである。特に暗号通貨市場規模が大きい韓国ではこのXRP取引の約半数を占めている。XRPは1月の好調だった市場で最高値401円を記録したのち、4月の相場全体の下落の影響を受け48.5円と価格を88%も下げていた。しかしこの間、リップルは銀行やApple社など様々な金融機関、企業と提携しこれからを期待させる動きを見せ、この上昇傾向へと至った。さらに、SBIの北尾社長が「2018年末には1XRP=1,000円」と予想しているように今後XRPが様々な動きを見せることが予測できる。そうでなくともSBIではXRP機軸の通貨化を行うなど、今現在行われている提携だけでも十分将来性を期待できる状況となっている。XRPが今後どのような活躍をするのか楽しみだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. レイブロックスがナノに改名

  2. ブロックチェーン技術でEV充電ステーションを管理

  3. Bitmain、マシン購入にKYC導入

  4. bitFlyerがファイナルファンタジーとコラボ

  5. ブロックチェーン活用規制に関する作業部設置[カナダ]

  6. イスラム圏銀行も!リップルネット加入

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響