ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補

台湾の暗号通貨取引所OTCBTCのCEOであるイーティン・チェン氏(35歳)が、今冬行われる台北市の市長選挙に立候補することを自身のFacebookの投稿で宣言した。

チェン氏はこの投稿の中で「台北をアジアのブロックチェーン都市としての先駆者にする」と意気込んでおり、フィンテック特区や暗号通貨投資銀行の創設などを掲げている。今回の出馬はやはり、「暗号通貨やビジネスについて理解のあるものが市長になってほしい」という考えからだという。しかし市長や議員などは日本でも同じように出馬するほとんどが60歳か70歳以上で、今の技術や経済競争を理解しているものは少ない。もちろん、そういった知識を持った方もいるだろうが、チェン氏は「市長には資金と根性、情熱そしてチームや企業を率いた経験のある人物が相応しい」と考えている。たしかに、今後予想される激しい企業争いのなかで、それらに理解のある人が市長となってくれたらどんなに心強いだろうか。台北市では既にIOTAと提携し、市民IDカードの発行などに動いており、スマートシティに向けた取り組みがなされている地域のため、彼の考えに賛同するものも多いのではないだろうか。

チェン氏は2012年にFacebookが開催したコーディング技術を競うハッカソンで優勝するほどの実力ある技術者で、暗号通貨関連のプロジェクトでの実績も多く、彼の経営するOTCBTCはOTCの取引所としてはアジア最大級ともいわれている。市長にするには若すぎるのではという声もありそうだが、実績と経験のある彼についていく有権者は多いのではないだろうか。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. カード型ウォレットWodca,サービス開始

  2. ブロックチェーン技術は企業にとって重要な資産

  3. アメリカ税務当局が「仮想通貨は完全なる課税対象」と明言

  4. ロング・ブロックチェーンは上場廃止に反対

  5. Ripple,第2四半期報告書公表[xRapidの取引量170%増加]…

  6. [金融サービス仲介業]の新設とフィンテック推進[金融商品販売法]

PAGE TOP

ニュース

イスラエル、規制に関する意見募集[暗号通貨・ブロックチェーン]

ニュース

TCC(Trade Coin Club)とは[コインの森なんでも相談]

ニュース

ドイツ銀行「暗号通貨は決済手段としての可能性を秘めている」

ニュース

イラン、マイニングライセンス付与[経済制裁回避と電力供給]

コラム

為替相場は絶好のトレーニング場 ”仏のR”の特別講座”

ニュース

[金融サービス仲介業]の新設とフィンテック推進[金融商品販売法]

ニュース

Bitgate、ダイコホールディングスグループ子会社へ[資本移動]

ニュース

昨日(1/27)のニュースまとめ