ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補

台湾の暗号通貨取引所OTCBTCのCEOであるイーティン・チェン氏(35歳)が、今冬行われる台北市の市長選挙に立候補することを自身のFacebookの投稿で宣言した。

チェン氏はこの投稿の中で「台北をアジアのブロックチェーン都市としての先駆者にする」と意気込んでおり、フィンテック特区や暗号通貨投資銀行の創設などを掲げている。今回の出馬はやはり、「暗号通貨やビジネスについて理解のあるものが市長になってほしい」という考えからだという。しかし市長や議員などは日本でも同じように出馬するほとんどが60歳か70歳以上で、今の技術や経済競争を理解しているものは少ない。もちろん、そういった知識を持った方もいるだろうが、チェン氏は「市長には資金と根性、情熱そしてチームや企業を率いた経験のある人物が相応しい」と考えている。たしかに、今後予想される激しい企業争いのなかで、それらに理解のある人が市長となってくれたらどんなに心強いだろうか。台北市では既にIOTAと提携し、市民IDカードの発行などに動いており、スマートシティに向けた取り組みがなされている地域のため、彼の考えに賛同するものも多いのではないだろうか。

チェン氏は2012年にFacebookが開催したコーディング技術を競うハッカソンで優勝するほどの実力ある技術者で、暗号通貨関連のプロジェクトでの実績も多く、彼の経営するOTCBTCはOTCの取引所としてはアジア最大級ともいわれている。市長にするには若すぎるのではという声もありそうだが、実績と経験のある彼についていく有権者は多いのではないだろうか。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 匿名化サービス[Bestmixer.io]、強制閉鎖

  2. アメリカ、貿易にブロックチェーン技術導入へ

  3. BTC3週間ぶり安値、韓国当局による最大取引所の強制捜査を嫌気

  4. 日本の規制状況

  5. 金融庁、フィスコへ業務改善命令【Zaifとの統合予定・対日審査】

  6. 仮想通貨流失額、昨年だけで6.6億円

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]