ニュース

韓国取引所ビッサムが独自トークン発行

韓国の大手暗号通貨取引所ビッサムはICOで独自トークン「ビッサムコイン」を発行する計画を明らかにした。

しかし韓国の金融委員会(FSC)は昨年9月、ICOに絡む金融詐欺のリスクが高まっているとしてICOにたいして懐疑的でICO禁止を発表しており、韓国政府はICOを法制化する計画のようだ。一方で金融当局は厳重な本人確認(KYC)と資金洗浄対策(AML)を確立する条件でICOの合法化を検討する動きがみられる。しかし、合法化の動きがあるだけで現在の状況としては国内のICOは禁止されている。そのためビッサムはシンガポールでトークンセールを行う予定のようだ。

今回のICOでは個人投資家ではなく大口投資家をターゲットにしている。しかしこのトークンがいつごろ発行されるか、どのくらいの規模になるのかまでは明らかになっていない。だが、この取引所自身でトークンを発行する取り組みは韓国国内ではビッサムが初となる。韓国での暗号通貨の規制が今後強化されるのか、緩和されるのか不明だが同国の取引所は既に海外展開を模索しているようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. バイナンスが金融庁の無登録仮想通貨交換業リストに登録

  2. 昨日(7/18)のニュースまとめ

  3. SWIFT、独占支配は終わりに近づく?Rippleの訴訟からの解放

  4. フィリピン、暗号通貨関連犯罪の厳罰化

  5. イギリスフィンテック企業Revolut、2019年日本向けサービス開始…

  6. マネーロンダリングにビットコインを利用、国内で送検へ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ