ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

暗号通貨、ブロックチェーンの法整備が適切になされていることから、多くの大手暗号通貨取引所が拠点とするマルタに、新たにNewfoundが加わった。

Newfoundは証券トークンをイーサリアムのブロックチェーン上で発行するドイツ企業で、スタートアップ企業に今までとは異なる資金調達方法を提供している。同社のゾエ・アダモビスCEOは「金融業界・暗号通貨業界にとっていい風となるよう、マルタ政府と規制の好例を作り上げていきたい」と述べた。

ブロックチェーン技術の進歩によりある程度簡単に匿名通貨を作れるようになり、脱税や資金洗浄、テロ資金援助などの犯罪利用も目立ってきたために、国がその対応に追われている。しかし、その対応・規制1つで暗号通貨やその関連技術を扱っている企業は大打撃を受けることになる。もちろん、消費者や投資家保護のための規制も必要だが、業界や技術開発を促進させ保護する規制も必要だ。そういったことを踏まえながら規制を行っているマルタは関連企業にとってはとても動きやすいだろう。大手暗号通貨取引所のBinanceやOKExはこの政府の動きを受けてマルタへ本拠地を移した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 登録済み取引所への行政処分

  2. NEMの追跡劇、NHKスペシャルで放送

  3. 仮想通貨取引所、上位10社は日額3億円以上を稼ぐ

  4. クーレECB理事「G20で仮想通貨に関する具体的な措置決定は予想しない…

  5. Ripple、ウォレットのユーザーへ身分証提示を義務付け

  6. Tao(XTO)とは?[質問コーナー]

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ