ニュース

韓国取引所の顧客資産額は6400億円

韓国最大手のBithumbが調査報告書を公開し、同取引所が保管している顧客資産額は、暗号通貨も含め約60億ドル(約6,441億円)にも上ることが分かった。もちろんこのほかにも同社の業績などが報告された。

Bithumbは韓国で2番目に大きい暗号通貨取引所で従業員は220名、株主は15名という経営規模になっている。この報告で特に注目されるのは当期純利益が4271億ウォン(432億円)で営業利益収益の3334億ウォン(337億円)よりも多いという点だ。これはなにもかさましというわけではなく、営業活動ではないところで発生した収益、営業外収益が900億ウォン(91.1億円)以上もあるということなのだ。

また先ほど述べたBithumbの顧客資産額は60億ドルだが、同取引所の運営会社の保管している暗号通貨の総額は2017年末の時点で60億ドル相当で、そのうちの3.9億ドル相当はBithumbが保有しているため、保管している金額が相当なものとわかる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. カナダの大手ブロックチェーン企業、日本進出

  2. 【極秘インタビュー】世界的な著名投資家が考える各通貨の展望とは

  3. ポーランド、規制改善のため徴税を中止

  4. 活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

  5. オランダ「厳しい規制は取引の規律を失う」

  6. 韓国の自主規制団体が取引所を検査へ

PAGE TOP

ニュース

TradeStation、Bakkt・CME提供オプションに対応[マネックス]

ニュース

昨日(1/28)のニュースまとめ

ニュース

イスラエル、規制に関する意見募集[暗号通貨・ブロックチェーン]

ニュース

TCC(Trade Coin Club)とは[コインの森なんでも相談]

ニュース

ドイツ銀行「暗号通貨は決済手段としての可能性を秘めている」

ニュース

イラン、マイニングライセンス付与[経済制裁回避と電力供給]

コラム

為替相場は絶好のトレーニング場 ”仏のR”の特別講座”

ニュース

[金融サービス仲介業]の新設とフィンテック推進[金融商品販売法]