ニュース

韓国取引所の顧客資産額は6400億円

韓国最大手のBithumbが調査報告書を公開し、同取引所が保管している顧客資産額は、暗号通貨も含め約60億ドル(約6,441億円)にも上ることが分かった。もちろんこのほかにも同社の業績などが報告された。

Bithumbは韓国で2番目に大きい暗号通貨取引所で従業員は220名、株主は15名という経営規模になっている。この報告で特に注目されるのは当期純利益が4271億ウォン(432億円)で営業利益収益の3334億ウォン(337億円)よりも多いという点だ。これはなにもかさましというわけではなく、営業活動ではないところで発生した収益、営業外収益が900億ウォン(91.1億円)以上もあるということなのだ。

また先ほど述べたBithumbの顧客資産額は60億ドルだが、同取引所の運営会社の保管している暗号通貨の総額は2017年末の時点で60億ドル相当で、そのうちの3.9億ドル相当はBithumbが保有しているため、保管している金額が相当なものとわかる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. BTC小幅上昇、G20の声明待ちで小動き

  2. 中国、アリババが決済サービスのブロックチェーン導入へ本腰

  3. コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

  4. Huaweiがブロックチェーン開発支援サービス

  5. スイスの大学がビットコインを導入

  6. HitBTCが金融庁の意向に従い、日本でのサービス停止

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ