ニュース

SBI、大手証券など35社がコンソーシアム発足

アジア地域で分散型台帳技術(DLT)を活用した次世代決済基盤を展開するSBIが事務局を務める「証券コンソーシアム」が証券会社を中心とした35社で発足した。

このコンソーシアムでは様々な技術、特にDLTの研究と商用化に向けた検討を行い、業界の横断的な基礎技術と共通基盤の構築を目指す。現段階ではDLTを用いた本人確認(KYC)の標準化、資金洗浄対策(AML)などの実証実験が行われている。DLTだけでなく、他にも生態認証、人工知能などの技術を活用し、金融インフラを整備することで業務効率化やコストの削減、証券サービスの利便性向上を目的としている。同コンソーシアムにはもちろんマネックス証券も参加している。参加会社一覧は以下の通りだ。

藍澤證券株式会社 今村証券株式会社 岩井コスモ証券株式会社 エイト証券株式会社 SMBC日興証券株式会社 株式会社SBI証券 岡三オンライン証券株式会社 岡三証券株式会社 株式会社岡三証券グループ カブドットコム証券株式会社 株式会社QUICK GMOクリック証券株式会社 株式会社証券ジャパン 株式会社スマートプラス セコム株式会社 セコムトラストシステムズ株式会社 株式会社だいこう証券ビジネス 大和証券株式会社 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 東洋証券株式会社 内藤証券株式会社 日本電気株式会社 株式会社野村総合研究所 野村ホールディングス株式会社 株式会社日立製作所 株式会社ポラリファイ 松井証券株式会社 マネックス証券株式会社 丸三証券株式会社 みずほ証券株式会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 むさし証券株式会社 楽天証券株式会社 ワイジェイFX株式会社 株式会社One Tap BUY

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ニューヨーク州金融サービス局が不正を取り締まり!

  2. スペイン、暗号通貨関連業者へ情報開示請求

  3. 中国が新たなブロックチェーン計画を進める

  4. オーストラリアの銀行が債権をブロックチェーンで発行

  5. ロシア中央銀行もICOと暗号通貨に対しリスクを表明

  6. 韓国大手取引所ビッサム、国内8,000店舗で仮想通貨決済の導入目指す

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」